営業職といえば男性だった時代

以前は新卒の男性社員は人気があり、部下になってほしいと思われることが多いこともありました。部下にするなら、男性の方が扱いやすいと思われていたことも多かったようです。
そして、その頃には上司は男性がほとんどでした。女性の上司を探しても見つからないような状態だったのです。もし女性の上司がいたとしても、役割的には男性の上司とは違って限られたものでした。
そのため、女性の上司は目立たない立場にいたのです。その状態が続いていたことにより、自然に会社は男性社会になっていきました。男性の価値観というものが重視されていたのです。
逆に言うと、女性の価値観は認められない・認めてもらえないことが多かったのが、これまでの会社という社会の中での状態でした。ところが、女性が力を持ち始めたのです。営業職についても、男性よりも女性の方が得意な分野も出てきました。
以前であれば、営業職は男性であり、その上司も男性というイメージが強かったかもしれません。しかし、営業事務として勤めていた女性が、いつの間にか営業職としてバリバリと働くようになってきたのも現代の特徴です。
そうなることにより、営業職で男性よりも上に出るような立場の女性が増えてきたのです。そうなると、部下が男性ということも結構多いことになってきました。男性としては、今までは男性の上司だったのにいきなり女性の上司になり、戸惑いを持つ人もいるようです。
そして、出来れば女性の上司は避けたいと思う部下もいるようですが、現代は性格的に柔らかい男性が多いため、女性上司ともうまくやっていける男性の部下もいるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です