女性の部下がもしも男性なら

女性の部下が男性ということは、実際によくあることです。しかし、男性から見れば上司が女性ということにより、自分が負けているという気持ちを持つ場合もあるでしょう。女性の上司がどんなに仕事が出来る人でも、尊敬しにくいということもあるかもしれません。
しかし、女性の上司としては、自分の部下が男性という事を望んだわけではない場合もあります。やむを得ず人事でそのようになったので、それに従うしかない場合もあるのです。そして、その女性の上司は男性というようなこともありますので、会社内の人事は納得できないようなこともあるでしょう。
女性は女性同士のほうが仕事がしやすいという考え方もあります。しかし、逆に異性との方が、男性と女性それぞれの考え方や意見があり、仕事が良い方向に向かうこともあり得ることなのです。
女性の上司からすれば、部下が男性の方が楽ということもあるかもしれません。女性は女性の仕事の仕方があり、男性においてもそれは言えることなのです。でも、この状態で仕事を続けていくとしても、女性の上司が上にいるので転職がしたいと考える男性もいることでしょう。
女性の上司を追い抜くぐらいの実力をつけたいと思い、モチベーションアップにつながることも実際にあるかもしれません。つまりは、上司が女性で部下が男性ということは、メリットもありデメリットもあることになるのです。
このメリットを上手に活かして、デメリットを出来るだけ少なくすることが必要になってきます。それには、お互いの努力や工夫が必要です。
女性の部下について書かれているサイトもあったので、参考にしてみてください。《女性部下の取扱説明書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>